×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヨーロッパ輸入家具

ヨーロッパの輸入家具

ヨーロッパの輸入家具といえばイギリスなどのアンティーク家具を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
ごく一般的な家庭で使われていたような家具でも日本人の私達からみれば、特別に洗練されたもののように見えてしまいます。
これはヨーロッパ諸国や外国の方が日本独自の街並みや風土に惹かれるのに似ていますね。

最近はこういったアンティーク調の輸入家具だけではなく、北欧を中心としたモダンなヨーロッパ家具が人気を博しています。
このサイトでは輸入家具を長く愛用するためのお手入れ方法や注意点に焦点をあてています。

輸入家具と国産の家具の違い

国産の家具と輸入家具の違いはどのようなものが挙げられるでしょうか。
まずデザイン。
生活様式が異なるヨーロッパの輸入家具と国産の家具のデザインが違うのは当然といえば当然ですが、両者には大きな違いがあります。
ヨーロッパ諸国では「テーブルと椅子」ですが日本にはもともとこういった文化はありませんでした。
「ちゃぶ台と座布団」で生活していた日本人にとって機能性も含めて馴染みのないものだったに違いありません。

機能性にも大きな違いがあります。
日本の収納家具は湿気を考慮にいれたものが多く、通気性や防虫に気を使っています。
イギリスの椅子は背板が垂直で座面が高く、背筋が伸ばして座るものが多いですが、フランスのものは座面が低く作られており、背板にも角度がついて安楽な姿勢が取れます。

このようにその国々の風土や国民性に合わせた家具のデザインや機能、素材があるということです。

ソファーベッドの利点 インテリアコーディネート インテリア インテリアデザインAll contents copyright (c) 2005 satellite project All rights reserved